« 2013年6月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年9月

2013年9月15日 (日)

to zoo

 「無限の住民」を一気読みしたケンです。遂に劇画に手を出す歳となりました。

 ローサの癲癇について、お見舞いや心配のメールをくださりありがとうございました。

 Img_0135

 あれから発作は出ていません。全体的な機能は低下していますが少しずつ出来ることも増えてきました。先日は久しぶりに外で排泄もできました。余裕のあらわれか性格も穏やかに戻りホッとしています。

 自分の指は未だに痛みが仕事中によくでます。この件に関してはお見舞いのメールが1通も来ず別の痛みに胸を抉られた度量の小さいおじさんです。

Img_0128

 ちょこまかと歩くようになった末っ子はたまに靴をはくようになりました。

Img_0085

 3連休の初日は彼女を連れて安佐動物園へ。

 初めてのキリンに戸惑う娘。

 キリンを撫でてキリンの鼻息を顔に受けて。

Img_0111

 ライオンの怖さもまだよくわからない娘。きっとちょっとまたがったりしたかったんだと思う。

 プリクラを撮ったりかき氷を食べたりマントヒヒと綱引きをしたり。

Img_0119

 帰りに三次で広島焼きのお店へ。

 彼女にはお子様焼きのうどんバージョンを注文。

Img_0122

 ペロッと完食。と書きたかったんだけど初めての動物園に興奮してたようであまり食べず。最終的に自分がいただきました。

 そんなこんなの9月かな。

|

2013年9月 1日 (日)

黄金魂

 ケンです。

 テレビを見ていたらいきなりゾンビが出てきたので「ワールド・ウオー・オブ・Z」のCMかと思ったら頭痛薬のCMのベッキーでした。こいつ「笑う犬」で初めて知った15年前からずっと嫌いだけど最近はとみに気持ちわるぃ。

 と、なにゆえ久々にも関わらず出だしから毒筆かというと・・・

Img_0061

 彼に左手の薬指を齧られてブルーだから。

 夏休み、4連休の初日。猛暑で運動不足だったジャムとエアコンの効いた部屋でタオルの引っ張りっこをして遊んでたら力が入りすぎてガシっと。4つの穴から血がダクダク。チェーンソウで脚を切ったときと比較にならない痛さ。ようやく眠れたのは15時間後。楽しみにしていた4連休は何もできず。仕事に復帰できたのは更に3日後。

 たまたま直前にみていた映画のストーリーが、アラスカに落ちた飛行機で生き残った人が狼に襲われつつ逃げるというもの。小型犬に少し咬まれただけで相当痛かったのに、狼に背中を齧られたらどんだけ痛いんだろうとちょっと想像。

 咬んだあとのジャムは血をみてパニックに。生まれたての小鹿みたいになっていました。遊びの中でのアクシデントとはいえ彼なりに一線を越えてしまったとの思いが強かったみたいです。そして彼はこのあと数日、怪我した自分の指を鼻先に押しつけられ「君のせいでこんなになった」との言葉の暴力で胃がいたくなる日々を過ごすことに。

Img_0069

 彼の近況は特に記すことなし。

 マイペースに夏を乗り切った吾朗。

 ベテランとかいぶし銀みたいな形容詞が似合うようになってきました。

 もうホームランは打てないけど送りバントや隠し球で家の役にたちたいそうです。

Img_0064

 ローサは6月に癲癇になりました。

 7月の中頃には発作があまりにも頻繁におこるので最悪も覚悟しました。楽にさせたいと考えさせられるほど苦しそうでした。

 一気に発作が出た後は落ち着いたのか8月は1回も発作が出ず安定してきてホッとしているところです。

 ただ発作中に頭をうった後遺症か、記憶と平衡感覚と聴覚と嗅覚をあらかた失ってしまったように思えます。

 あれだけ外で遊ぶのが好きだったローサが、外を怖がりトイレで出るのも嫌がります。ボールやディスクをみせても反応はありません。

 もう彼女にのぞむことは数少ないです。

 生きて 生きて 必死で!

 ゆっくりだっていいんだ ありのままで

 じっと座ってねえで勝つまで立ち上がり続けましょう。

Img_0049

 末っ子は日々成長中。

 だいぶ長い間歩けるようになってきました。

 それに伴い食事量もグングン増加中。

 テーブルを鷲掴みにしながらパンを咀嚼しています。

 もう少し過ごしやすい気候になったら動物園デビューということで。

 最後に自分の近況。

 スキンヘッドにしました。それと髭。

 海水浴に行って真っ黒に日焼けしたあとド派手なステテコはいて歩いていたら相方さんに「ブッチャー」と言われました。せめてバッド・ニュース・アレンって言ってほしかったね。

 

 

 

 

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年12月 »