« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

BLUE SKY BLUE

風花です。

Img_7158

産まれてすぐです。まだ髪が湿っています。

金環日食の夜、10時32分に産まれました。

ケンさんの希望を聞いてたのか、双子座に切り替わるのを待っていたかのようです。

49センチで2756グラムでした。

分娩は15時間を越す超難産でした。

何度も弱気になり、何度も諦めの言葉を口にしましたが、赤ちゃんの顔をみた瞬間に全て消え去りました。

名前の由来や、病院での様子はまた今度。

Img_7206

今日、無事に退院することができました。

天一に寄って、風花にこってりスープを飲ますんだと主張するケンさんをなだめ、すかし、脅しまっすぐ帰宅。

ワンズさん、特にローサは興味津々。

Img_7211

匂いを嗅がれたり、舐められたり。

風花は末っ子としての洗礼を一通りうけました。

Img_7217

コールマンのイスを結束バンドで結び、その上にベビーベッドを配置してくれました。

寝てる風花をローサはずっとみてました。

泣き声がすると、ピクっと反応するローサ。母性本能でしょうか。

ジャムは何をおもったか頭突きをしようとして、ケンさんにこっぴどく叱られていました。

そんなこんなな我が家です。










|

2012年5月19日 (土)

女神の昼寝

ヤスです。

予定日は過ぎましたが、これといって兆候はありません。

ケンさんに似ず、のんびりした子のようです。

Cimg0720

それでもなんとなくピリピリしたムードは伝わるようで、ワンズさん達も夜は寝不足気味。

寸暇を惜しんで、昼寝に勤しまれています。

Cimg0719

ローサ、若干草負けしたお腹をさらけだして寝ています。

まさに女神。アフロディーテです。

Cimg0722

うん、やっぱりアフロディーテ。

って、オチに使っちゃってyaiさん、ごめんなさい。

今日は気持ちのいい五月晴れ。

草むしりでもして促進してみます。







|

2012年5月12日 (土)

助っ人参上

スクワットをはじめたヤスです。雑巾掛けもなるべくしています。階段の上り下りは転びそうなのでしません。

Img_7097

前回の検診後は出雲の焼き鳥屋さんへ。

炙ったしめ鯖や、

Img_7098

サラダを食べて、

Img_7103

焼き鳥へ。

カシラとボンジリ、美味しかったな。

〆は釜飯。2人ともノンアルコールなのに焼き鳥屋さん。でも充分楽しめました。

Img_7111

火曜日には東京から助っ人現るの巻。

2年ぶりのトラッキー。お久しぶりっす。

相変わらず吾郎とラブラブ。で、ジャムには怒られる。ローサは相手にしてほしくてたまらないんだけど、トラッキーは基本無視。ラスタの匂いがするのかな。

そんなこんなで一気に賑やかになった我が家なのでした。










|

2012年5月 6日 (日)

昼寝クイーン

我が家は標高370メートルに建っていると最近知ったヤスです。

Cimg0702

昨日今日と外でお昼寝するのが、気持ちいい陽気。
Cimg0704

それにしてもジャムは昼寝がよく似合うなと感心してたら、

Cimg0708

ローサも負けていなかった。いや、むしろ勝ってる感じ。

私は向日葵の種を蒔いたり、二十日大根の種を蒔いたりとのんびり。

明後日、ケンさんの両親が応援に東京から来てくださいます。

心強いです。嬉しいです。

さてさて決戦は何曜日になるのかな。







|

2012年5月 4日 (金)

穏やかな時間

昨夜wowowで、「星守る犬」をみて寝たので、今朝おきたらサンドイッチマンのトミザワさんみたく、まぶたが腫れてたヤスです。「漫才ギャング」もよかったけど「星守る犬」は更によかったです。「次郎長三国志」よりも好みです。ハッピー!!

Cimg0685

今は車の運転もできないので検診も1人では行けません。

病院の帰りに2人で晩ご飯を食べるのが最近のお楽しみです。

この日は出雲の「伊太利屋」さん。7~8年振りかな。

イカ墨のリゾットに、

Cimg0687

アンチョビのピザ。

あとウニのパスタとか炭水化物系を色々。

その都度ついつい、「これが2人での当分は最後の外食かも。」と構えてしまいます。

次の検診は7日。神楽でラーメンかな。ちょっと焼き鳥も食べたいな。

Cimg0684

今年も家にツバメが迷い込んできました。

暑いくらいの陽気だったのに、昨日今日と冷たい風で寒いです。ストーブを片付けたかったので連休前にむりくり灯油を使ったことを、ちょっと後悔しています。










|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »