« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月24日 (日)

夏の過ごし方

リビングから見える外の景色を楽しんでいるヤスです。

夏だから、空がとても高いことがよく分かります。

そしてこの時期思う事は、稲穂が青々しい事です。

そこからまた思い出す事はこの時期に生まれた私ですが、中々出生届けを提出してもらえなかったそうです。

期限ぎりぎりでの提出だったとの事です。

私の名前を父親が好きな色の名前にしたかったみたいで。

小さい頃、緑色の洋服が多かったのもそのせいだったのかもしれません。

ではでは。

今週末は本当に夏らしい2日間でした。

我が家の側には、川が流れています。

Img_6816 Img_6818 Img_6830_2

Img_6833

ワンコは、川遊びを楽しみました。

今日は吾郎のかわうそ泳法は見れなかったけど、ゆーらゆーらと川の流れに身を任せる吾郎のあの泳ぎを見ると夏なんだなあと思います。

ジャムとローサは、川の中を走っているので、きっと物凄く体力を消耗していると思います。

3ワンコともそれぞれ楽しんでいるのがよく分かるので、長靴をはいてカポカポ歩いた私も満足です。

川遊びで、一番体力を消耗したに違いないローサですが、

Img_6848

Img_6858

Img_6853

夕方には、フリスビーの練習をしていました。

どんな時でも、必ずキャッチしようとしているローサ。

瞬時の判断をローサなりにしている事がよく分かります。

そして、キャッチ出来ないであろう時の身体にかかる負荷は相当なものだと思います。

同じ体勢を私がとろうとしたものなら、その後大変な事になると思います。

ローサの父さん、母さんから受け継いだDNAが素晴らしい物だという事はよく分かるけど、秋のフリスビー大会にエントリーする前に疲れを溜めすぎませんように。

そして、ケンさんの「ローちゃん、ごめんよ」って声が近所で噂になりませんように。

| | コメント (2)

2011年7月18日 (月)

贈り物

7月20日は、私の住んでいる地域は雨が降りやすいと高校生の時に初めて知ったヤスです。

大体この時期に島根県は梅雨明けしやすいという事も初めて知り、色々と勉強になった7月20日。

でもその前後は晴れの日が続いているので、7月20日生まれの人は貴重というか変わり者が多いんじゃないかと思ってしまった、私です。

そんな、7月20日は私の誕生日です。

ちょっと、早いですがお2方から贈り物をして頂きました。

ケンさんからの贈り物はこちら、

Img_6809_2  Img_6813 Img_6811

焼肉をごちそうして下さいました。

ずっとずっと気になっていたお店で、初めて連れて行ってもらえた、焼肉とお寿司の両極端なお味が楽しめるお店。

街道沿いにある、昔ながらの焼肉屋さんです。店内は煙で充満して、近所の人がサンダルに短パンで集うようなお店です。

味は最高。ハラミが特に美味しかったです。というか、口に合いました。

このお店の売りはレバ刺し。でも、今はメニューに生肉系はありませんでした。帰り際に、ケンさんが「いつまでレバ刺し無いの!?」と聞くと「おそらくもうずっと提供できないと思います。」とお店のおばさんが、申し訳なさそうに言っていました。こうしてレバ刺しの文化は途絶えてしまうのでしょうか!?車に戻るなりケンさんは「焼肉酒家えびす、死ね!!」と吠えてました。ってもう死んでるようなものですから。

お寿司を2人前、折りに詰めてもらい持ち帰りました。夜食にお寿司があるって、なんともリッチで幸せな夜を過ごせました。

また連れて行ってくださいね、ケンさん。

こちらの方からも贈り物を頂きました。

Img_6780

吾郎とジャムが、陳謝してくれてます。ソファーにかけておいたエプロンも凄いことになっています。

Img_6790

Img_6797

贈り主さんのローサです。ソファーのクッションのシッパーも上手にあけて、クッションも破壊していました。

Img_6795

今年の夏は暑いだろうし、ローサも随分といい子になったので、そろそろゲージから出しても悪いことをしないだろうと思っていたら、頑張ってお仕事をしてくれてました。

確かに小麦粉よりも片付けは楽チンでしたが、帰宅してリビングのドアを開けたら、この有様で怒るよりも笑ってしまいました。

そして、すぐに贈り主が分かってしまうという辺りが、逆にローサに申し訳ないというか・・・。

Img_6800

片づけをしている時にふとゲージを見ると、ちょっとだけかじったメッシが表紙のコパアメリカの観戦ガイドがローサのゲージの中にありました。

このメッシ雑誌が現状を維持しているというのが、有り得ない話しで夏休みの自由研究ばりに、ローサがこの雑誌をいつまで現状維持できるのか?と気になって3日間位ゲージに入れっぱなしにして見ました。

どうやら、ローサのタイプはメッシの様です。

メッシもタイプかもしれないけど、ケンさんも吾郎もジャムも結構良いと思うよ。

そしてローサからの来年の誕生日は、今年のうちからしっかりと考えておくので、スポンジ散乱でないことを願います。

撫子ジャパンの快挙をお祝いして今夜は痛飲です。

澤さん、カッコよかった~~。

ケンさんはアメリカの13番と17番が気になってしかたないみたいでしたけど。あと、日本の15番。笑

| | コメント (4)

2011年7月10日 (日)

to sea

金曜日に梅雨明けした島根県。

Img_6739

土曜日に、ローサにとってお初の海水浴に行ってきました。

ローサの感想は・・・。

Img_6755

Img_6771

とにかく砂まみれでした。なぜならば、興奮のあまり砂を食べまくったので。

美味しかったのでしょうか?

Img_6663 

Img_6700

Img_6713

Img_6712

Img_6735

みんなで海に入ったり、海辺を走ったり、夫婦で泳いだりと3ワンコとも海を満喫していました。

長老の吾郎に至っては、海と会話してました(多分)。

ローサは、海がとても楽しかったのか、いつもより黒目がキュっとしてました。

そして、とても泳ぎが上手かったです。

お初なのに、波に乗ってました。

そして、びっくり事件が・・・。

Img_6695_2

事件前のジャム。本当に楽しんでました。

Img_6757

ジャム、溺れちゃいました。

写真はケンさんに救出された後のジャム。とても寂しそうです。

割と波が高くて、溺れそうな怪しい気配は、漂っていました。波に流され、ブクブクと沈んでいったジャムの光景を、私は忘れません。

暫く落ち込んでました。

繊細な子が落ち込むと、なかなか掛ける言葉もみつからないです。

色々ありましたが、今年初の海でケンさんも私も日焼けして酷い目にあいました。

痛くてたまらないです。

そして、ローサに至っては、疲れすぎて車に向かうまでの帰り道で歩けないのか座ってしまったりしてたみたいです。物凄く熱い砂の上で寝るなんて、どんだけ疲れていたのでしょう。

帰りの車内では、みんなぐっすり寝ていました。ローサは、大イビキで寝ていました。

明日が梅雨明け初のお留守番ですが、3ワンコとも頑張ってね。

そして、ケンさんにとっては地獄の暑さが始まります。

なるべく、足を引っ張らないように頑張ります。

そんな事が私に出来るのか?

| | コメント (4)

2011年7月 4日 (月)

それぞれの想い

Pb280010

Img_6652

Img_6654

パピー時代にこんな表情をしていたローサも色んな感情を我が家で覚えてくれました。

満足げな表情のローサ。

理由はこちら・・・。

Img_6648

Img_6644

Img_6643

只今、フリスビーの練習をしています。

フリスビーをキャッチする為に、身体をこんなにもくねらせてでもフリスビーをキャッチしたいという事が良く伝わります。

そんなフリスビーを投げてくれるローサのパートナーはケンさん。

ローサがキャッチしやすいように、一生懸命です。

時々、「ローちゃん、ごめん、ごめん」 とか、「ごめん、ローちゃん、投げ方が悪かったね」とか何だか聞こえてくる時もあります。

どんなフリスビーもキャッチしようと頑張ってるローサと、キャッチしやすい様に考えながらフリスビーを投げてるケンさん。

ケンさんとローサ、2人はそれぞれの想いがきちんと伝わってると感じた7月始めての日曜の出来事でした。

最後に吾郎とジャムも元気です。

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »