« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

里帰り

スタッドレスタイヤを交換した途端、雪が降って来た・・・。

そんな島根に住んでいるヤスです。

ケンさんに運転技術を怪しまれているので、しっかり運転しようと思うあまり会社の駐車場についた途端、ぐったりしてます。

結構、運転上手いと思うんだけどなあ・・・。

まあ、いいや。

所要で鳥取に行ってきました。

P3270064

久しぶりの父と娘の対面です。

ラスタに「ローサ、結構楽しくやってるよ」とか言ってくれてると助かるんだけどな。

今回はリズ母ちゃんには会えずじまいのローサ、次回は必ず会おうね。

P3280091

義父と息子です。

身体を動かしてお互いを分かり合おうとしています。

「お父さんには、まだまだ敵いません」 とか絶対に言えなさそうな、ジャム。

いつか「あいつは無口だが、いい奴だ」みたいな言葉をラスタからもらいたいね。

P3280088

ルゥさん、とことこ歩いてる感じがとっても可愛らしい。

P3280083 

シャー君、動きが激しすぎて写真がとれない。

P3280080_2

この1週間大変だった吾郎、今回、嬉しそうに走っているところをみれてちょっと泣きそうだった私。

抜糸まであと少し、頑張ろうね。

おまけです。足湯につかるイケメンたち

P3280104

我が家のスカジャン番長は、いったい何を指差してるんだろう?

それにしても、嬉しそうに指差してたから、そのままのっけたかったわ。

| | コメント (4)

2010年3月14日 (日)

超かわいい!!

コンビニで買い物をしていたら20歳くらいの可愛らしい女の子が「あのおじさん、超かわいい」と言いながら入ってきました。

どのおじさんなの?って思いながら女の子が手を振ってる店の外に視線をやると車内で仏頂面で待っているケンさんが・・・・。

ジェネレーションギャップを感じつつもケンさんのどこが可愛いのか?そして、視力は正常なのか?新興宗教の勧誘なのか?女の子に聞いてみたくなったヤスです。

ケンさんが可愛い・・・・。全く分からない。丸坊主で赤シャツなのに。

そのことを教えてあげたら・・・凄く嬉しそうにしてました。「当たり前だよ。」とか強がってましたが。(笑)

金曜日の夜から、お出かけしました。ふらふらと。

2月、3月と私が日曜出なのでそんなに遠出は出来ないけど、ちょっとした気分転換に。

P3130018

初めての3ショットはぐだぐだだけど、なかなか個性があっていい感じ。

P3130024 

ローサは、初めての湖を見ながら何を考えているんだろう。

まだまだローサには知らないこと、見たことないことが沢山。

これからもみんなで経験しようね。ローサ。

などと、湖探索したりして、次に向かったのは「おおはかや」さん。

P3130029

実は、色々と思うことがあり、1ヶ月ほど、アルコールを控えておりました。

久々に飲んだビールは物凄く美味しかった。

五臓六腑に染み渡るってこういうことなのねって実感したりして。

P3130032

ビールも美味しいし、ウナギも美味しいいい感じでした。

その後、あちこちぶらぶらして、ディーノ君ちとお会いしました。

P3130048

新参者のローサ、ディーノ君に、平身低頭でご挨拶。

今回ローサが意外にも人見知り?だったのが発覚!!。

見たことの無いワンコや人にワンワン吠えるローサ。

どうやら、外で会うワンコや人は苦手なようで、室内だとハイパーに変身する事がこの後発覚。

ディーノ君ちに伺ってからのローサは飛んだり跳ねたり大忙し。

初めてお邪魔したお家なのに自分の好きな様に過ごしてました。

その間、Jさんとケンさんは終わりの見えないプロレス談義にはなをさかせていました。

お互いに共通の趣味があって本当に良かったです。

Jさん、rieさん遅くまでお邪魔してしまってすみませんでした。

あと、ラーメンごちそう様でした。私だけこっさりでしたが、こっさりでもこってりでした。

そして、ケンさんはどの辺りが可愛いのか?あの子に聞いとけば良かった。

そんなホワイトデーの夜でした。

| | コメント (6)

2010年3月11日 (木)

吾郎へ

でだしのフレーズが思いつかいないヤスです。

まあ、そんな時もありますね・・・。てへへ・・・。

今日、吾郎を連れて病院へ行ってきました。

全然健康なんだけど、去勢手術の前の確認の為に。

っていうか私の心の準備の為に連れて行ったんだけど・・。

吾郎の去勢手術には、2年の年月が私にかかりました。

手術中に何かあったらどうしようかとか、自分に置き換えたらありえないことだとか、まあ色々ですね。

吾郎には、犬が苦手だった私に色々な事をもたらしてくれました。

吾郎と出会うことがなかったら、今の自分はいないと思っています。

可能なら、去勢手術も先生に教えてもらいながら私がしたいくらいですが・・・・・。

吾郎だけを連れて車に乗ったら、自分だけ特別扱いされたと勘違いした吾郎。

動物病院に行ったら、自分に何かが起こると察知して一気に気配を消した吾郎。

診察台にのって触診され始めたら下っ腹に力を入れた吾郎。

小さい身体で(太ってるけど)麻酔をかけられて手術なんて、どうしたらいいのか分かんないよ。

きっと、たいした手術じゃないのかもしれないけど、出来ることなら無かった事に出来たらいいのに・・・。

そんな気持ちのヤスですが、吾郎はとっても元気です。

ほんと、ダメだな私・・・

P6130042

| | コメント (4)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »