« スス | トップページ | 萩観光とグッタリワンズ »

2009年5月24日 (日)

秋吉台と萩心海

 

 『ホーランエンヤ、有給使っても必ず行く!!』と昨年から意気込んで語ってたのにいざその頃になったら全く熱が醒めて見向きもしなかったケンです。

 ホーランエンヤって12年に1度、松江を中心に行われる海上神事。歌舞伎役者みたいなメイクをした乗り手が飾りをまとった何十隻という船で航上する勇壮なお祭り。

 12年に1度だから島根に来て11年目の自分は初体験。江戸っ子で喧嘩と祭りに目が無い自分、12年後に島根に住んでるのか生きてるのかも予想がつかないんで是非見てみたかったんだけど今回は縁が無かったということで・・・。

 ということでホーランエンヤを袖にした自分は金曜日の晩から山口方面へお出かけ。いつものように三次から中国道に入り安佐SAでラーメンを食べ吉和SAで車中泊。途中コンビニで買った「ワールドサッカーダイジェスト」を読みつつ12時過ぎに就寝。クリンスマンが解任されてたこととアドリアーノがブラジルに帰国してたことをこのとき知る。フムフム。

 翌朝、凄い熱気で目が覚める。時計を見るとまだ8時過ぎ。標高の高い吉和でこの暑さならもう当分自分は車中泊できないな。

P5230041_edited1

 移動中の1コマ。

 最近の吾郎のお気に入りはダッシュボード。吾郎が載ってるとジャムも載りたがる。何でだ!?

 鹿野SAで割りとガッツリした朝食を摂って秋吉台へ。普段朝食食べないヤスさんも「まんぷく丼セット」とか食べてる。旅は人を解放的にさせるのか!?

P5230079_edited1

 久々の秋吉台。

 秋吉台と言えば日本最大規模のカルスト大地。

 カルスト大地!?カルスト台地!?どっちだったっけ。笑

 カルスト大地が何かは各自でお調べください。ここに書けるだけの知識が無い。ウラオボエだけど太古のさんご礁が何たらかんたらな気が。恥

P5230060_edited1

 島根から来た2人と2ワンのパーティーはなるたけ人の気配の無い場所を歩いてました。ここは地獄の沢とかいうところ。

 にしても改めてみると雄大な景色。できるものなら5000年前くらいに戻って気のあう人と石の斧とかかついでブラブラしてみたい。

 ここは秋芳洞というかなり規模の大きな鍾乳洞もあってワンコも入れるんだけど時期が時期なんで今回はパス。 サファリパークも行きたかったけどワンコ預けるようなんでパス。一年振りの萩へ。

 萩といえば生簀料理屋の「萩心海」

 今回も派手に行きました。何しろ定額給付金出ましたんで。

P5230087_edited1 P5230091_edited1

 P5230093_edited1

 

 P5230097_edited1 P5230098_edited1 P5230101_edited1 P5230103_edited1_2 普段山で暮らしてるんで美味しい魚には目が無いです。

 今回の目玉は関サバ。サバの刺身、初めて食べました。トロトロで激ウマ。ずーっと昔「美味しんぼ」で読んで一回食べたかったんで大満足。

 更に旬の瀬付きアジに赤水を注文。それぞれ活け作りの後はアジは骨をテンプラにサバはあら炊き、赤水は味噌椀に。サービスで鯛の潮汁も。最近ラーメンブログと化してたんで久々のリッチな昼食。

 ご飯も3膳頂いてお腹一杯。オーダーするとき店員さんに「だいぶ量ありますけど大丈夫ですか!?」と聞かれたけどほぼ綺麗に完食。もっと人数いたらいろんな種類の魚が食べれるんだけどな。生簀料理屋とか中華料理屋って2人だとちょっと寂しい。

 で、次回に続く。

|

« スス | トップページ | 萩観光とグッタリワンズ »

コメント

すっごい食べてますねー。これ2人で食べたんですよね。
しかも相方さんはビール片手だろうし、ケンさんは、どんぶり飯だろうし。笑

風景とワンコの写真が、作りものみたいで、
すごい景色なんだろうなあって感じられます。

投稿: はまのはなまま | 2009年5月24日 (日) 23時10分

 はまのはなままさん

 隣のテーブルのお客さんも「あそこの2人、どんだけ頼んだんだろ!?」みたいな顔してました。ウチは食べる時は食べるんです。笑
 ヤスも中生1杯で食いに専念してました。でも鯵が来た時(鯵も30センチ以上あるごつい奴)に戦意喪失したらしくピタリと箸が止まってましたけど。
 こーゆーお店、はなファミリーと行ってみたかったです。
 秋吉台って景色はいいんだけど意外に人が少ないんですよね。首都圏から2時間圏内にあったらまた違ってたんでしょうが。

投稿: ケン | 2009年5月25日 (月) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スス | トップページ | 萩観光とグッタリワンズ »