« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

デビュー

007

 DeAGOSTINI、デビューしました。

 遂にって感じです。笑

 でも親近感のあるライダーはストロンガー迄と響鬼のみ。知らないライダーが断然多いんですぐに買うの飽きそうです。

 仮面ライダーにまつわる思い出話を一つ。

 自分が4歳か5歳の頃、母親が後楽園遊園地に仮面ライダーショーを見に連れていってくれました。

 ショーがはじまってショッカーが会場に現れると自分は恐怖で狂ったように泣き出しました。

 すると『しめしめ、ガキが泣いてるぞ。』と誤ったプロ意識を持った数体のショッカーが必要以上に自分の周りを飛び跳ねはじめました。

 自分は怖くて怖くて失神しそうなほど泣きじゃくりました。

 不憫に思った誠意あるショッカーが『そんなに怖がらなくていいんだよ。』みたいな事を言って傍に寄ってきたとき恐怖がマックスに達した自分はヒキツケを起こしたそうです。

 幼い頃から感受性豊かな少年だったんだなぁ、俺。

 

| | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

 

 げに恐ろしきは融雪剤。

001  

 仕事車の整理をしてたら穴を発見。

 自分の仕事車は2000年の11月に新車で買ったジムニー。8回の冬を経て融雪剤に含まれる塩化カルシウムで足回りは錆だらけ。それにしても穴が開いてたとは・・・。

 試しにこのまま走ってみたら超ウルサイ。マフラー、ノーマルに戻したい。

 とりあえず水周り用のアルミシートを貼ってみます。

 雪国と海っぺりの中古車は絶対買わないほうがいいですよ!!

 

| | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

お菓子

 

 昨夜BSで『ロボコン』を観てて「昔は思わなかったけど今見るとロボコンってグロテスクだな。」ってヤスに言ったら「私これ初めて見た。」と言われショックをうけた男、ケンです。笑

004  

 アカネさんのブログで『アーモンド・ロッカ』の記事を見て懐かしくなって注文してしまいました。

 ついでに『ハリボー』のグミも注文。OLか!?

011

 ハリボーはドイツのグミだったんですね。

 ドイツ繋がりで吾郎と2ショット。さすがにグミはあげません。

 グミも各種あるけど自分は熊の形をしたフルーツ味のグミがお気に入り。食感も国産のより硬めでアゴが鍛えられる感じ。だからOLかっつーの。

017

 「アーモンド・ロッカ」はアメリカのお菓子。

 キャラメル飴にナッツが紛れてるっていうのかな。これ食べて歯を磨かないで寝たら虫歯になること必至。笑

 

 今夜の夕飯時に自分が箸でプチトマトを掴んだら吾郎にパクッと食べられた。で、お仕置きにキムチを箸でつまんだら案の定それもパクッと。ウゲェ~と吾郎が吐いたキムチをジャムが食べたのでジャムは口元がヒリヒリしています。

 

| | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

海からランへ

 

003

 土曜日、多岐の海へ。

 すっかり風は春の暖かさ。山間部の我が家とこのあたりでは直線で30キロ程度の距離しか離れてないのに温度が5℃くらい違う感じ。

020_2

 パンを買って海辺で食べました。

 パニーニとかいうパン、超旨い。

 ウチのあたりでは何でドッグカフェが無いんだろうって考えて一つの結論に。

 

 自分の住むY町。面積が113.98K㎡に人口が約2200人。

 東京で考えると中野区と杉並区と練馬区に豊島区を足した面積が110、78K㎡でほぼ一緒。で、4区併せた人口はおよそ181万人。

 比べると人口密度が800倍以上。これだけ人口が少なければドッグカフェは存続しきれないしボステリの姿も見かけないわけだ。

034

 食後、いつものランへ。

 今回はだいぶ遅く行ったつもりだったけど他にワンコの姿は無く単独でボール遊び。

 この写真、前回のランの写真と何が違うのって突っ込まれそうですが正真正銘昨日の写真です。笑

 他のワンコとの接触もなくのんびり歩けて吾郎も大満足でした。

 さて、妙に最近時間が創れないK家。

 訪問はしてもコメントは残せずに心苦しく思っております。

 で、誠に勝手ながらしばしコメ欄を外させていただきます。又よろしくお願いいたします。

 

 

| | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

ドッグランへ

 

 今週に入って連日15℃オーバーの島根県。雪も平地ではすっかり溶けました。外水道の防寒も解除。春分の日にヤスの車のタイヤ交換をする予定。すっかり春です。でもまだ灯油が20リットル以上残っています。ストーブって不思議なもので使わなくなるとピタッと使わなくなるんですよね。なんとか残りの灯油は消費したいのですが・・・。

 だいぶ間が空きましたが、鰻で腹を満たした後ドッグランへ。

 晴天の週末。さぞワンコで賑わってると思いきや。

 誰もいない。笑

 仕方ないのでボール遊びに精を出しました。

056

 春の陽光の下、じっくりとボールと戯れるジャム。

 およそ1ヶ月振りのランということもあってか何時も以上に軽やかな走りっぷり。

077

 吾郎もジャムの目を盗んではボールを運びます。

 ボール遊びに関しては彼が先輩。彼の動作を真似てジャムはボール馬鹿ボステリ山陰代表の座をゲットできたのですから。

 テニスボールが運べる限界の大きさのようです。

049

 ジャム、目線が凄いことになっています。

 わかりますか!?笑

 やりたいことと身体の動きがついていかないんでしょうね。いまどき小学生の男の子にも少ない現象。

063

 あらかた遊んだあとにたくさんのワンコが入ってきました。

 でも吾郎もジャムもボールを投げてくれるヤスに釘づけ。全然愛想無いのは飼い主譲りか?

 ラブが吾郎の匂いを暫く嗅いでるうちに何かの拍子に吾郎が『ヒャン』と大袈裟に痛がって鳴きました。するとジャムが電光石火のスピードでラブに襲い掛かりました。

 ジャムがそんな熱い男だと思わなかったので正直驚きました。ラブがお腹を丸出しにして喧嘩する気がないことをアピールするという大人の対応をとってくれてよかったです。

075

 こんなスマイリーな表情の裏にほとばしる血潮が流れていたジャム。笑

 自分達が思い込んでたジャムの性格は臆病な平和主義者。他のワンコとの接触を嫌がるのも臆病からくるものと推測していました。でもハマで生まれ育っただけにやる時はやる男だそうです。

 一撃で絶命必至みたいな超大型犬と喧嘩になるのは怖いんだけど、でも普段一緒に暮らしてても見えない表情が見れてドッグランは楽しいですね。

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

松江散策

 

 今、時代は島根。

 仲間由紀恵さん主演の『島根の弁護士』は大好評だったらしいし、次の次のNHKの朝の連ドラはマナ・カナ主演で舞台は島根。石見銀山のあたりでロケしてた昼ドラの『砂時計』は映画化されるし映画でいえば『天然コケッコー』も島根が舞台。松江城は開府400年だし来年には12年に1度しか開かれない奇祭『ホーランエンヤ』の開催も控えている。(このへんの知識、全部ヤスからの受け売りですが・・・。)

 と、いうことで土曜日にプラプラと松江散策。相変わらず強引な前フリです。

022

 松江城とジャム。

 石垣の鋭角がうっとりするほど綺麗です。

 人力で大きな岩を高い場所に綺麗に積み上げることの難しさを想像すると鳥肌がたって興奮してしまう自分は軽く変態入ってます。

 次に日本人の男に生まれ変わったら石工とか宮大工の職に就きたいです。

019

 城内には鬱蒼とした原生林のエリアもあります。何ででしょうか?何か深い意味があるんでしょうか?

 敵に攻め込まれて籠城した際には巨木を倒して燃料にするとかかな!?

012  

 城を抜けると城下町の風情が。

 割と早い時間帯だったんですが土曜日だったからか観光客も結構いました。

 観光客で犬好きな方が頭を撫でようと寄ってくるとすかさず吾郎はカートの奥に隠れます。笑

004

 松江観光名物の堀川遊覧船です。

 この季節はコタツを積載してる船が人気なようでこの船は客もまばらですね。

 松江城のお堀は規模の割りに立派だと思います。松江が水の都と呼ばれていることと関係があるのかもしれません。

039

 移動して宍道湖をバックに。

 この日、松江に行ったのはこの春に中学を卒業する甥っ子に贈る卒業祝いというか入学祝いを買うのが主目的でした。

 でも結局何を買っていいのか考えがまとまらずこの日は何も買いませんでした。彼には3年前の中学の入学祝いにスケボーを贈ったんですが、真面目な彼には必要なかった品だったようで2度同じ過ちは繰り返したくないのでこちらも慎重です。

046

 宍道湖畔で鰻を食べました。

 ここのうな丼は100円足して大盛りにするとご飯を普通盛りより1合くらい多くよそってくれるので自分には有り難いお店。炭焼きで美味しいし。

 オーダーをすますとヤスがしみじみと『ここも値上げしたんだ~。まっ仕方ないけど。』

 ヤス曰く去年来た時より200円程値上げしているそうで。そのことよりも男の自分としては前回来たときの鰻の値段を覚えていた相方の記憶力に脱帽って感じです。それとも女性としては当然のことなのでしょうか!?

  

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

favorite

 

 放射冷却現象で寒い朝が続く島根県。今朝はマイナス6℃でした。でもその分、日中は暖かくて仕事から帰ってくる度に庭に溜まった雪の高さが縮んでいくのがよく分かります。使い方は間違ってるんでしょうが『ツワモノドモガユメノアト』という言葉が思い浮かびます。

003

 最近、通勤の車内でよく聴いているアルバムです。『WHIPPED CREAM & OTHER DELIGHTS』というもう2度と打ちたくないような長いタイトルを持つこのアルバム。

 『けっ、田舎者のくせに洋楽なんて聴きやがって!!』とお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、正確にはこのアルバムの中の1曲、『Bittersweet Samba』だけをリピートで聴いています。

 で、その曲はどんな曲かって言うと『オールナイト・ニッポン』のオープニング曲なんですね。ピンとこない方も聴いたら一度は耳にしたことがあるメロディーかと思います。

 自分はよく聞いてました、オールナイトニッポン。

 中学生の頃、マックは早く閉まるしファミレスに行くお金も足も無かった自分達は夜な夜な近所の公園にラジカセ持参で集まったものでした。(こー書くと戦後すぐの人みたいだな。笑)そこで夏は蚊に食われながら初冬は寒さに震えながら男女入り乱れて聞いたもんです。

 自分が聞いてた頃のパーソナリティーは、

 月曜日  中島みゆき~デーモン小暮

 火曜日  サザンの桑田~とんねるず

 水曜日  タモリ~小泉今日子

 木曜日  ビートたけし

 金曜日  山口良一~サンプラザ中野

 土曜日  笑福亭鶴光~ABブラザーズ

 みたいな布陣だったと記憶しています。

 深夜1時に『Bittersweet Samba』で始まったオールナイトニッポンは深夜3時に2部のパーソナルティーに引き継がれ、朝方5時にやはり同じ曲でエンディングを迎えます。そしてそれを契機に自分達は三々五々帰路につき学校に寝に行くのです。

 もう2度と戻れないあの頃。もう2度と戻りたくないあの頃。でも未だに『Bittersweet Samba』はお気に入りの一曲です。

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

大人の階段

 

 

 『くりぃむナントカ』がゴールデンに移行することに不安一杯の自分です。あのユルユルな番組がゴールデンで受け入れられるのでしょうか!?テレ朝の11時15分枠からゴールデンに移行して長続きした番組って少ないんですよね。そのてん恐らく話はあるんだろうけど断り続けてる「『プッ』すま」は対処が上手いなと・・・。『くりぃむナントカ』が1クールで終わんないこととキャリー嬢の復活を祈っています。

020

 写真は週末のものです。ソフトの関係で新規の写真を一時的に取り込めなくなっています。

 もう雪は降らないと思っていたんですが今朝は10センチ程積もっていました。3月の雪なんですぐに溶けることでしょう。

 この時期になると悩むのがタイヤ交換時期。山仕事の自分は4月に入ってからなんですが職場が街にある相方さんの車のタイヤはそろそろ替え頃かなと思っています。その時に外水道の防寒カバーも外して我が家の冬は終わりを告げます。

051

 春近しということでジャムが盛ってきました。

 これまでは自分の前ではそういった仕草をみせなかった(自分がいないときに相方の前では披露してたらしい。笑)のですが、最近は我慢がきかないのか吾郎を相手にヘコヘコしています。

 吾郎は自分がやるのに罪悪感は無いのにやられるのはまっぴらご免というタイプなんで怒ります。すると気の弱いとこがあるジャムはシュンとなり、その状態のジャムに吾郎が乗ってジャムに怒られてます。もうメチャクチャです。笑

 2歳を過ぎてようやくジャムも大人になったようで面倒くさい反面嬉しかったりもします。

033

 去年、吾郎がとても盛ってたことをブログにアップして見返してみたら2月の半ばでした。去年は記録的な暖冬だったので時期が早かったのかな?

 昨シーズンは吾郎が一方的に乗るばっかりだったのが今年は乗って乗られてで勝手が違うようです。まあ一方的なのより刺激があっていいんじゃないでしょうか。

047

 盛った体勢をとってもどうしても自分は怒れないんですよね、同じ男として。やりきれなさみたいのがよくわかるんで。笑

 まあこの時期は客も少ないからいいかなと考えてます。

 吾郎もジャムも自分では腰を振らず相方の腕や太ももで振っています。やっぱ女性が相手のほうが燃えるのかなと夫婦で話しています。相手をしてるときのヤスも満更でもないような顔をしています。

 今回のブログ、ちょっと下品だったかな!?まあ春近しということでご容赦ください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

白寿の祝い

 

 映画版『DRAGON BALL』の出来がなんとも心配な最近です。ハリウッド版『北斗の拳』の二の舞いとならなければいいなと思ってたけどチラホラと聞こえてくる設定に懐疑的な自分。悟空が18歳の高校3年生でチチと同級生って・・・。3部作、大丈夫か!?

 話は変って今週末のメインイベントは同市内に住むヤスの祖父、サクイチの白寿のお祝い会でした。

017_2  

 サクイチのことを自分達は親しみをこめて普段はサクビッチとロシア風に呼んでいます。吾郎もジャムもサクビッチが大好きですがこの日は留守番させました。

 彼は明治43年産まれ。いまだに畑仕事もするし山で竹も切ります。元気です。超人です。養命酒は欠かさないそうです。

037

 いい表情。ヤスは『猿みたい。』と言いますが自分はそんなに親しくないんでとても言えません。

 ヤスの実家は数年前にリフォームするまでは薪で風呂を焚いていたんですが(島根では普通の話です。)リフォーム後はスイッチ1つで風呂が沸かせるようになったり、トイレが水洗になったりでサクビッチは懸命に近代化と戦っていたそうです。

 サクビッチ、白寿おめでとうございます。

 白寿の祝いにはもう一生縁が無いかなと思ってたら自分の祖母ももう95オーバーです。自分もヤスも長寿族なのかもしれませんが自分は1秒でもヤスより早く逝きたいです。

003

 留守番してた吾郎とジャムには饅頭をおすそわけ。

 ウチの辺では冠婚葬祭の際大量のアンコものをお土産に頂きます。この日も2人家族にも関わらず大振りの大福を20個に饅頭を10個も頂戴しました。でもヤスはアンコものを殆んど口にしません。と、いうことはこの大福の行方は・・・。フ~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »