« 覚悟をきめて | トップページ | プールで大はしゃぎ »

2007年7月17日 (火)

今日のお仕事

 木こりといっても夏の間はあんまり木を伐らないんです。

 夏は主に下刈りといって、植えて5年以内くらいの杉、ヒノキの周囲の雑草を刈る作業が多いです。

Dsc02111

 これが『刈り払い機』という機械です。25ccのエンジンで直径10センチ程度の木まで切れます。面接のとき『刈り払い機を使えますか?』と質問され『それは何ですか?』と答えてから9年が過ぎました。

 今日は作業路の道草刈りの仕事でした。

Dsc02102

 作業前です。

Dsc02116

 作業後です。まだ刈った草が青々としてるので分かりづらいですね。作業路に車が円滑に入れるよう3メートル幅くらいに1キロ程刈りました。

 かなりユルイ仕事なので、吾郎とジャムも連れて行こうかなと思ったんですが止めました。ワンコが吾郎だけのときは何回か連れて行ったことがあるんですが、ジャムはまだ1度も現場に連れ出したことはありません。2頭連れて行くのは目が届かなくなるので躊躇してしまいます。

Dsc02072

 彼が山仕事デビューする日がくるんだろうか?

|

« 覚悟をきめて | トップページ | プールで大はしゃぎ »

コメント

個人的なことを質問してもいいですか?
どうして都会暮らしからきこりさんの仕事を選んだのでしょう?
興味深い選択です。
わたしは琉球畳職人になりたい、と思ったことはありますが、
飛び込む勇気はなかったですね。
きこりさん、響きがいいですね。

投稿: kaoru-dubu | 2007年7月17日 (火) 22時46分

なんだかジャム君が先日から服を着ている!!
意外と似合ってる!!
この草刈る機械、たまにみますよね。やりたいっていつも思うんですよ、だって気持ちよさそうジャン。でも手がしびれるよね?

投稿: はまのはなまま | 2007年7月17日 (火) 23時24分

これって、刈り払い機っていうんですかっ!!
知らなかった~ヾ(*゜▽ ゜*)〃
刈っているところをちゃんと拝見した事がないので、
刈る部分が丸いとはっ!これまた知らなかったっ!
鎌が3つくらいクルクル回っている(プロペラみたいに?)もの
だと勝手に思ってましたΣ( i ◇ i )?
足場もおぼつかないし、危険な作業ですよね…
道ができてる~ すごいぃ~Σ(・ロ・ノ)丿

投稿: とっこ | 2007年7月18日 (水) 00時15分

梅雨の時期って、刈っても刈っても生えてくるんですよね。
草の生命力ってすごい! 
都会暮らしの方はあまりご存じない品なんですね、草刈り機。 この辺じゃ、10件に1台はあるような気がするんですが。。。 
早くジャムくんもデビュー出来たらいいですね。

投稿: yai | 2007年7月18日 (水) 19時30分

 kaoru-dubu様

 琉球畳職人ってkaoru-dubuさんっぽい職業な感じがします。お逢いしたこともありませんが、似合ってるような気がします。
 木こりの職に就いたのは単純に第一次産業に就きたかったからです。木こりになる直前まで小笠原諸島の母島で漁師になる話がほぼ決まっていたんですが、結局島根で木こりになりました。元々山が好きだったので、今は天職だと思っています。

投稿: ケン | 2007年7月18日 (水) 19時52分

 はまのはなまま様

 草負け予防に最近ジャムに服を着せています。雨ばっかりで庭の草むしりが追いつきません。
 刈り払い機よりもチェーンソーのほうがストレス解消になるみたいですよ。40センチほどの木をギリギリまでプロが伐っておいて、最後の締めを都会からの観光客の人に伐ってもらうみたいなツアーが一時流行っていました。島根にきたら伐ってみる?

投稿: ケン | 2007年7月18日 (水) 19時58分

 とっこ様

 山の機械は縁遠い人には徹底的に関係無いですもんね。自分も職に就いて初めて見ました。
 これから暑くなると蜂が恐い仕事です。だいぶ蜂の巣がありそうなポイントは予想がつくようになってきましたが、最初の頃は何回もスズメ蜂に刺されて病院送りにされました。雨が多いと蜂の巣の生育が遅れるのでなるべく雨が降ってほしいんですが・・・。

投稿: ケン | 2007年7月18日 (水) 20時05分

 yai様

 草刈機、今では手放せない存在です。庭の草は桑で掘って枯らすんですが、法面の草は機械がないと全くはかどりません。
 犬がいても使える除草剤なんて、やっぱり無いですよね。草むしりが嫌いなので庭の平らなところに石でもひこうかなと考えています。

投稿: ケン | 2007年7月18日 (水) 20時10分

ご回答ありがとうございました。
第一次産業っていう大きな枠で職業選んだんですね。
なるほどー、そんな選び方もあるんですね。

投稿: kaoru-dubu | 2007年7月19日 (木) 09時09分

 kaoru-dubu様

 木こりって職が未だにあると知ったのは木こりになるほんの直前のことでした。職に就いたのは偶然というより必然といった感じでした。
 数ある候補地の中から島根をえらんだのは、これはもう縁としかいいようがありません。
 たまに母島に行っていたら、今頃自分はどうなっていたんだろうって考えます。イルカや海亀と友達になれたかな。
 蛇足ですが、次に日本人の男に生まれ変わったら、宮大工になります。

 

投稿: ケン | 2007年7月19日 (木) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97684/7180694

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお仕事:

« 覚悟をきめて | トップページ | プールで大はしゃぎ »