« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

成長したジャムはもうアンタッチャブルの山崎ではない

 昨日は朝から豪雨と稲光。もちろん仕事はお休み。雨はともかく山での雷ほど怖いものはありません。

 稀に山仕事をしてる人で、雷の中でも仕事をする人がいます。そーゆー人は肝っ玉が座ってるというよりか危険予知能力の乏しい人だと思います。台風の中、漁に出る船乗りみたいなもんで、全く誉められた行為ではないと思います。自然を相手にしてる以上休むときは休まなきゃ。(自分を擁護してる訳ではない、多分)

Dsc01043_1

 と、いう事で思いがけない休日。買ったまま読む暇がなく放置されていた何冊かの本をゆっくり読みました。浴槽に浸かって。極楽、極楽。

 で、思ったんですがジャムはホントに吠えません。吾郎は郵便配達の人が来たと思えばワンワン、宅配便の車が通ったと思ったらワンワンとやかましいんですが、ジャムは仁王立ちのまま黙って人の気配のするほうを眺めています。それが又親バカ発言丸出しで恥ずかしいんですが、凛々しくてカッコいいんです。

Dsc00612

 以前のジャムは吠えないのは吠えないのですが、あっちへフラフラこっちへフラフラと落ち着きの無いコだったんですが、1年3ヶ月が過ぎ改めてジャムの性格を表現すると「クール」になるんじゃないかと思います。舘ひろし?それは大物すぎるでしょ。つーか、舘ひろしと同居なんて重っ苦しくて嫌だなぁ。

 夕飯には男の手料理の代名詞、カレーをこしらえました。こーゆー一日がたまにあるのが木こり稼業のいいとこです。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

葉書

 タロットカードで運命のカードをひいたら「悪魔」が出ました。(汗)まぁ希望とは違ったけど「運命の車輪」とか「塔」よりかは親近感があるのでよしとしよう。

 ちなみに相方は「愚者」。これはヤスの第一希望だったので、彼女は喜んでいました。

Dsc01642

 先日おじゃました福岡の『こてじゃーな』さんから吾郎とジャム宛に葉書が届きました。

 綺麗に撮って貰った2頭がプリントされた可愛らしい葉書。

 こーゆーのって妙に嬉しいですね。九州に行った際には又寄らせていただきます。

Dsc01620

 先日、海水浴の帰りに日御碕(ひのみさき)にいきました。で、灯台をバックに。

Dsc01621

 イカ焼きとサザエのつぼ焼きを食べました。自分はラムネで、ヤスはビール。7年振りの日御碕は閉じてる土産物屋も多く、ちょっとさびれた感じがしました。ガンバレ、日御碕!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

海開き

 自分は海が嫌いです。

 少年の頃、夏に親が連れて行ってくれる海は江ノ島でした。

 海水浴シーズンの江ノ島は、電車で行っても車で行っても大混雑で、ようやく浜辺に着くと新宿の歩行者天国くらい人がいて、海の家の飯は給食よりまずく、子供心にとんだ苦行に感じたものです。

 人ごみをかきわけ、日焼けオイルでギトギトの海に足を踏み入れると妙な感触が。なんだろうとよく見ると、トウモロコシでした。これが決定打となり自分は海が嫌いな少年になりました。

 多くの友達がサーフボードを掲げて始発電車に乗る頃、自分はピッケルを持って特急あずさに乗っていました。

 女の子が泳ぎたいといえば、まだオウムが来る前で静かだった本栖湖に連れていきました。当時の本栖湖は夏の盛りでもキャンプ場は貸切状態で、湖畔の一角で外国人の一団がヌーディストビーチを楽しんでる、まさに楽園でした。

 そんな自分が今日、久しぶりに海水浴に行ってみました。で、感想は・・・。

Dsc01520

 すっごく楽しかったです。こんな楽しいんならもっと前から行ってればよかった。

Dsc01521

 吾郎もジャムも大はしゃぎ。

Dsc01559

 『動物のお医者さん』のチョビが海が嫌いだから『犬は海が嫌い』ってはなんとなく思いこんでいたけど大間違いだった。

Dsc01533

 ジャムは耳に海水が入るのをものともせず泳ぎ回っていた。大丈夫なんだろうか?ボール遊びも何時にも増して熱中していた。

Dsc01600

 『こんな楽しそうな吾郎を見たの、ひさしぶり。』とヤスが喜んでいました。吾郎は沖に向かって泳いで(5メートルくらいのもんだけど)波に乗って帰ってくるという遊びを発明して延々やっていました。  

 Dsc01607  

Dsc01609 Dsc01608

Dsc01610  

 Dsc01611

 海水浴場まで家から車で40分位。夏の盛りを除けば人も少ないし、勿論トウモロコシも落ちていない。また天気のいい日にお弁当もっていこうっと!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

たんぽぽ

 Dsc01501  

 家の法面に黄色いたんぽぽが咲き始めました。

 この法面は雪解け後にジャムが『取って来いゲーム』で走り回っていた法面です。

 彼は短毛種故かモロに草負けする性質なので、草が活発に生えるこれからの季節は法面を走らせられません。たまに目を離した隙にジャムは法面を走るのですが、その後お腹を見ると湿疹で一杯です。

Dsc01502

 意外にデリケートな男、ジャムです。しかしこの写真はギリギリだな。テレビなら放送事故になりかねないな。

 ジャムは相変わらずデッキの上でテニスボールを使った『取って来いゲーム』に夢中になっています。

 注射の後なので程々にしていますが、楽しくてたまらないようです。

 大きな声ではいえないのですが、こないだは走りすぎて爪が削れ過ぎて神経から出血しながらもボールを追っていました。気づいてすぐにやめさせたのですが、しばらく出血が止まらず反省しました。コンクリの上は土の上とは比較にならないほど脚に負担がかかるんだなと改めて実感した次第です。

Dsc01466

 今週に入って毎日暑いです。はやくも軽く夏バテしてます。土曜日に多伎町で海開きをする予定です。明日はともかく土曜日は晴れますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

注射の日

Dsc01509

 ヤスが狂犬病予防注射にジャムと吾郎を連れて行きました。自分はtotoに外れたので真面目に仕事に行きました。

 去年、吾郎が先生に唸ったのでヤスは吾郎をマークしていたらしいんですが、今年の吾郎は機嫌がよかったらしくされるがまま状態だったそうです。

 今年の問題児はジャム。興味本位にさわってくるおじさん連中に毛を逆立てて怒ってたらしいです。それも無言で。ジャムは馴れ馴れしい男の人が嫌いなのかぁ。始めて知った。

Dsc01511

 ジャムは注射をうってくれた、おじいちゃん先生に『まぁ~立派なキ○タ○持ってるね~』って誉められた(?)そうです。大きいことはいいことだよジャム君。

 ここでちょっとお知らせ。前回のブログにkaoriさんという方がコメント寄せてくださってるんですが、この方は軽自動車で日本一周された方です。自分も昔、自転車と車で日本一周したことがある縁でkaoriさんの旅日記をしったのですが、これが凄く面白いんです。写真も綺麗だし、文章が下手なプロの何倍も上手でとにかくお勧めです。旅好きな方、是非覗いてみてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

新しいおもちゃ

Dsc01447

 久しぶりの晴天に恵まれた島根県。布団を干してる脇で吾郎とジャムもひなたぼっこを楽しんでいました。

Dsc01474

 新たに投入したおもちゃ、ゴム紐のついたテニスボールで遊びました。キャッチボールやサッカーボールを使った遊びは2人いないと不自由なんですが、このゴム紐付きテニスボールは1人VS2頭でもしっかり遊べる優れものでした。

Dsc01486

 左手に紐を固定して右手で放ったり捕ったりします。せいぜい10メートルくらいしか自由にならないんですが、数をこなせばかなりの運動になります。10回放ると1~2回ジャムが捕まえます。

Dsc01484

 吾郎が捕まえかけるとジャムに弾き飛ばされてしまいます。だからたまにジャムを確保しつつ吾郎専用に放ってあげます。テニスボールを捕まえれた吾郎は心底嬉しそうな顔をして、しばらくじゃれつきます。

Dsc01477

 テニスボールといっても本式のものじゃないみたいですぐにジャムが穴を開けました。でも修復が効くので案外長持ちしそうです。難点はたまにゴム紐がワンコに絡まることです。それも吾郎の脚とかジャムの尻尾とか、なんでそんなとこにって場所に絡みつきます。強い日差しの下、ジャムは目が飛び出しそうになりながら熱中していました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

太っ腹な約束

 Dsc01434

 買いました。toto BIG。15口、4500円分。これまでの人生でほとんど宝くじとか買ったことの無い夫婦が遂に買いました。

 ついては、一等の6億が当たった場合に限りこれまでこのブログにコメントを寄せてくださった方全員をリゾートに招待します。

Dsc01410

 ハワイと言いたいところですが外国だとワンコが日本入国の際大変なので、沖縄。なんとかっていうワンコ連れで過ごせるリゾートホテルに2週間。(口だけは威勢がいいな、俺)

Dsc01415

 夢の無い人生なんてつまらないんだよ、ジャム君。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

津和野~番外編

 旅行最終日は津和野へ。同じ島根県でも地味に遠い津和野へはこれが6年振りで2回目。前回来たときは時間が無く急ぎ足だったので今回はゆっくり回ってみました。

 Dsc01382

 まずは乙女峠へ。ここは可憐な名前と裏腹のキリシタン殉教の地です。

Dsc01389

 津和野カトリック教会。ありがちな構図ですね。

Dsc01391

 こーゆーのなまこ壁っていうんでしたっけ?だいぶ日差しが強くなってきました。

Dsc01394

 鯉とたわむれたいジャムと我関せずの吾郎。多分ジャムはお堀の水が飲みたかったんだと思います。この後帰路へ。充実した3日間でした。

Dsc01326

 ここから番外編。おいしかったものリストです。これは鹿児島ラーメン。メニューはラーメンと白飯のみという骨太のお店で。

Dsc01338

 キビナゴの刺身です。初めて食べたんで記念に。お味は・・・。自分はフライのほうがスキかな。ちなみにヤスはここで呑んだ芋焼酎が今回の旅行中、最もおいしかったそうです。かっこいい~。

Dsc01339

 カツオの腹皮です。これが食べたかったんです。超口に合いました。店員さんに『鹿児島の人はしょっちゅう食べるんですか?』と聞いたら『もちろんです。お客さんのとこでは食べないんですか?』と聞かれました。これで400円。安くて旨いものの典型でした。

Dsc01344

 久留米の大砲ラーメンです。いっつも食べられなくて今回無理やりスケジュールに捻じ込んでみました。自分はスキな味でしたがヤスには濃厚すぎると不評でした。自分がこの辺に住んでたら週3で通うだろうな。で、肝臓悪くすんだろうなぁ。

Dsc01400

 津和野の『美松食堂』さんの稲荷寿司です。太鼓谷稲荷神社の参拝道にある正真正銘の稲荷寿司です。おばあさんが数名で黙々とこしらえていました。お揚げが辛口に見えますが、濃すぎず薄すぎずで絶妙なお味でした。別の店で揚げたてのコロッケを買い、公園のベンチで吾郎とジャムと一緒に食べました。ファミリーしてるなぁって感じがちょっと恥ずかしかったです。以上、終わりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

福岡でまったり

 知覧をあとにして次なる目的地は枕崎へ。枕崎といえば鰹節。何故か我が家には昔ながらの鰹節削り器があるので本節を一本購入。平日だからか枕崎お魚センターに客は自分達だけ。ガランとし過ぎるのも妙に寂しい。

Dsc01335

 枕崎から指宿へ。開聞岳をバックに一枚。サツマ富士ですね。普段、山で暮らしているので海岸線のドライブが気持ちいい。よくテレビの温泉番組で見る砂むし会館『砂楽』へ。夫婦揃って初めて本格的な砂風呂に入る。波の音を聴きながらじんわり温まる砂風呂は極楽でした。砂風呂の快楽に溺れる相方の写真を撮ったのですが掲載許可がおりませんでした。

 翌土曜日は福岡へ。この日はのんびりとドッグカフェ巡り三昧と決めていました。

 リンクを貼らせて頂いてる『あんずの実』さんを参考に前もって数件行きたいお店を選んでおきました。

Dsc01354

 まず最初に訪れたのは志摩町にある『ウエアハウス』さんです。土曜日の昼とゆうことで混雑を覚悟していたんですが先客はグレートデーンを連れた一組だけ。吾郎もジャムもグレートデーンのあまりの大きさに開いた口が閉まらない感じでした。

Dsc01350

 自分がイタリアンハンバーグセット、ヤスがタルタルバーグセットを注文。自分はハンバーグには結構うるさいのですが文句なしに美味しかったです。店の造りが『探偵ナイトスクープ』風に言うとパラダイスなんですがそこがまたおもしろかったりしました。

 ついで訪れたのは『こてじゃーな』さん。この2軒、車で3分も離れていません。島根から見ると羨ましい環境です。店主さんは俳優の六平さんみたいな、いかつい顔(ごめんなさい)をしてますがとっても優しそうなおじさんです。

Dsc01360

 ワンコ用のイモでつくったアイスがあったので2つ注文。自分はピザとアイスティー。相方はBLTサンドとオレンジジュース。料理ができるまでドッグランで遊んでくださいといわれたので吾郎とジャム、ドッグラン初体験。自分もヤスもこれがドッグランなんだぁと感慨深い。

Dsc01364

 こちらのお店もお客さんは自分達だけ。どんたくが終わったばかりで福岡の人はエンジンがかかってないのかなぁ。うるさいお店は嫌だけどあんまり静か過ぎるお店ってゆうのもねえ。ときたまお店の博士みたいな風貌のM.シュナイザーが吠える。吾郎も負けじと吠え返す。

Dsc01371

 ジャムも大喜びで食べていました。実はちょっと鹿児島の熱気にやられてたんですが、福岡は午後から風がでて涼しくなり復調していました。ポカリも効いたかな。

Dsc01375

 ヤス曰く、このお店が車で1時間以内にあるなら週2で通いたいそうです。彼女は『ウエアハウス』より『こてじゃーな』が気に入ったみたいです。BLTサンドの付け合せのポテトチップが手造りだったことが評価を上げた一因だそうです。って岸朝子じゃないんだから。

 さらに3軒目、車で15分ほど離れた『noco cafe』さんへ。ところがこのお店、自分のナビには載っていない。住所をたよりに傍までは行ってるはずなのにお店が分からない。携帯も繋がらないし、人に聞こうにも人が歩いていない。雨がどんどん強くなってくる。残念だけど諦めて空海和尚が霊力で湧出させたという伝説が残る二丈町の『まむし温泉』へ。ここは美肌効果があるということでヤス大喜び。

 夕食に博多まで出てもつ鍋を食べようと計画していたのですが、2人とも胃の中のものが消化しきれていない。結局『牧のうどん』で自分はごぼう天うどん(大)とかしわ飯、ヤスは丸天うどんとかしわ飯を食べました。1300円くらいで2人とも超満腹。いつか行きたいと思っていたお店だったので大満足の夕食でした。福岡は味のレベルが高いなぁ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

知覧

 知覧とゆう街を初めて知ったのは7年前の夏。勤務先の社員旅行で鹿児島を訪れた際に立ち寄ったのがきっかけでした。

 夏の鹿児島は異常な暑さで自分と数人の仲間たちはどこのスポットに止まってもクーラーの効いたバスから出ませんでした。

 バスがある施設に止まったときも当然のように車内に留まっていた自分たちにバスガイドさんがおずおずと『ここだけは見学してもらえませんか?』と切り出してきました。

 Dsc01317

 その施設こそ『知覧特攻平和会館』でした。(写真は今回訪れた際のものです。)ふざけ半分で館内に入った自分はまず館内の空気に圧倒されました。一つ一つの展示物が放つ本物の迫力が全身に伝わってきました。限られた時間で心ゆくまで見学することは出来ませんでしたが、見終わった後自分の無知さを恥じ、又日本には自分の知らない深い場所がまだまだあるんだなと実感しました。

 知覧は鹿児島の山中にあり武家屋敷が残る綺麗で小さな街です。この小さな街に第2次大戦末期、特攻の基地が造られました。特攻とは飛行機に片道分の燃料と詰めるだけの爆弾を搭載させ、乗員もろとも敵艦に体当たりするとゆう作戦です。

 知覧を訪れる迄、特攻隊員について自分はいいイメージを持っていませんでした。すなわち、国を象徴する指導者に対して狂信的な感情を持つ機械のような人々的なイメージを持っていました。特攻隊員の最期とゆうと『天皇陛下バンザーイ』と言って玉砕するシーンを埋め込まれすぎていたのです。

 実際に特攻隊員が遺した手紙(達筆すぎて読みづらいのですが)を読むと、彼らの多くは日本は戦争に負けるとわかっていた気がします。それでも彼らが命を賭けたのは『自分が敵艦に損害を与えることで1日でも1時間でも愛する人が生き長らえるだろう』の一念が強かったような印象を受けました。

 恐らく現在公開中の『俺は、君のためにこそ死ににいく』とゆう映画は題名から察するに、もろにそこに照準をあてた映画だと思います。ただ自分は絶対にこの映画は観に行きません。石原慎太郎みたいな贋物のインチキ政治屋にだけには知覧に触れて欲しくなかったんですが、ダニはなにに吸い付いたら美味しい血が味わえるか分かってるからタチが悪いです。

 話がそれました。

Dsc01330

 ヤスが見学したいとゆうので4年前に知覧の為だけに鹿児島に行きました。じっくりと4時間ほどかけて見学しました。彼女もまた言葉にならない感情をもったようでした。

 特攻で命を落とした兵士の多くは10代後半から20代前半までの若い兵士達でした。ジャニーズでゆうならスマップでもtokioでもなく、kat-tunやnewsの世代なんです。しかも彼らの階級は少尉、中尉は当たり前。なかには24で中佐なんてゆうスーパーエリートが何人も含まれています。恐らく殉職時に2階級特進しているのでしょうがそれでも24歳で大尉なんて驚きを通り越す階級です。彼らのような本物の軍人が生き残って、渡辺恒雄みたいなのが戦死しといてくれたらどんな日本になってたんだろうって夢想してしまいます。

 文章力が無いので勘違いされると困るのですが自分は特攻を美化するつもりも正当化するつもりもありません。特攻は作戦といえないほど愚かな戦術ですし先の大戦そのものが日本が一方的にしかけた侵略戦争だと思っています。

 ただもう少し知覧とゆう小さな街で60数年前におきていた出来事を多くの人に知ってもらえたらなぁと考えています。ここでなにを思うかはもちろん自由なんですがこの街の存在を知ってもらいたいのです。

 4年ぶりに訪れた『知覧特攻平和会館』は平日にも関わらず大勢の見学者で賑わっていました。

 知覧に関する映画でお勧めなのは高倉建主演の『ホタル』です。だいぶおちて木村拓哉の『君を忘れない』でしょうか。

 今回はちょっときつい文章になりました。反省します。次回からは軽い文体で頑張ります。

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

鹿児島旅行

 今さっき帰宅しました。

 いや~久々に走りました。木曜日の晩に家を出て日曜日の夕方までで1743キロ。当分ハンドルを握らなくてもいいって感じです。

 行き先は南国、鹿児島。4年振りの再訪になります。

Dsc01305

 とりあえず薩摩の英雄に挨拶です。吾郎は前回、鹿児島の暑さにやられたのでこの土地にあまりいい印象が無いはずです。

Dsc01303

 ジャムは初めての鹿児島です。顔の濃さでは西郷さんに負けていません。とゆうか顔の造りがよく似ています。

 明日から頑張ってアップさせるつもりです。皆さん、よかったら続きも見てください。今日はこれから吾郎とジャムを風呂に入れて明日に備えて早く寝ます。ではでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

サッカーボール2号

Dsc01277

 妖怪じゃありません。サッカーボール1号です。ここまで使って貰えたら本望って感じでしょう。

 Dsc01273

 ついつい忘れがちになってしまってたんですがようやくサッカーボール2号が家に来ました。吾郎も嬉しそうです。

Dsc01283

 ジャムは大興奮で遊んでいました。動きが激しすぎてうまく写真が撮れません。サッカーボール1号を処分しようとしたところ吾郎の猛反対にあいましたので、しばらくの間1号、2号同居とゆう夢の共演生活です。

Dsc01284

 昨日作った牛スジスモークを与えました。匂いを嗅いだ瞬間、我を忘れたジャムは写真撮影を頑として拒みました。年の甲か吾郎はおとなしくマテができました。たまに発揮するお兄ちゃん気質です。

Dsc01293

 すごーく口にあったらしく食べながら尻尾をMAXのスピードで振っていました。ジャムは1口、2口で飲み込んでしまいましたが、吾郎はちんまりとゆっくり咀嚼してジャムを羨ましがらせながら味わっていました。この辺も年の甲のテクニックです。

Dsc01295

 食べ終わって恍惚の表情を浮かべる吾郎です。燻製職人冥利に尽きます。畑仕事、燻製作り、野鳥の餌台作り、倉庫の整理、テンプレの変更とやりたいことは全て出来、地味ながらも充実した連休が終わります。誰かしら人がいる日が多く、普段の半分も昼寝の出来ない日が続いてるようで吾郎もジャムも若干お疲れ気味にみえます。明日からいつも通り存分に昼寝をして来週末に向けて体調を整えてください。

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

手作りジャーキー

 仕事に出かける相方を見送りいそいそと燻製の準備にとりかかりました。ブロック肉を塩漬けにしたのが30日だったので明日の作業が理想だったんですが、明日の天気予報は雨。ならば贅沢は言ってられないってとこです。

Dsc01248

 作業開始から5時間後、あいまに畑作業をしたり吾郎とジャムと遊んだりしてようやく完成です。写真は燻製したゆで卵、クンタマです。卵は火が通ってるので燻製時間は2時間ほどです。

Dsc01251

 大きな肉塊がベーコンです。1.5キロのブロック肉を60度で5時間燻しました。回りの小さな肉片はワンコ用に燻した牛スジです。牛スジは塩、胡椒をせずただ燻しただけのトラディショナルなスモークジャーキーです。思いつきで初めて作ってみました。

Dsc01258

 今日はセロリとピーマンと枝豆を植えました。少しずつ小さな畑が充実してきます。作業中、焼き芋屋さんの車が通りかかったので3本購入。ナンバーをみたらヤスが以前に買った岡山ナンバーの焼き芋屋さんでした。吾郎とジャムと1本づつ分けっこしておいしいおやつタイムとなりました。 

 クンタマは今晩のヤスのおつまみ、ベーコンと牛スジは一晩おいて風味を安定させて明日いただきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

ボストンテリアの洗い方

 昨日はヤスが休み、今日は自分が休み。人間同士の休みがあわないGWですが、誰かしら家にいるので吾郎もジャムも満足気な様子です。(欲目かな?)

 今日は近所のお祭りで朝から華々しく花火を打ち上げていました。その音に過敏に反応したのは吾郎です。よっぽど怖かったのか普段はのらない自分の膝の上にのって震えていました。ホントに猟犬のDNAが入ってるんだろうかと首をかしげます。

Dsc01245  

 さてさて昨夜は吾郎とジャムを風呂にいれました。このところ週に2回、日曜日と水曜日の晩に洗うようにしています。

Dsc01237

 吾郎は洗いやすいコです。嫌がることも無くされるがままです。ただ仰向けにしようとすると猛烈に抵抗します。そこは譲れない境界線のようです。

Dsc01228

 ジャムも身体を洗うときには協力的なのですが頭部の形状上、顔をゆすぐ時が一苦労です。我が家では1人が耳をふさぐ役、1人がその隙にシャワーで顔をゆすぐ役と2人がかりで対処しています。

 顔をゆすがれるときに鼻に水が入るのが不快らしく、最近はちょっとした抵抗をしたりします。こちらとしても手早く済ませてあげたいのですが、暴れられたりすると余計に時間がかかり鼻に入る水の量も増えるとゆう悪循環に陥っています。なんとか手際のいい洗い方を考えなくてはいけませんね。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »