« 冬の日差しの下で | トップページ | PG-12 »

2007年2月12日 (月)

プレゼント

 土曜日にヤスがとびっきりの誕生日プレゼントを用意してくれました。

Dsc00719

 下関、『喜多川』のふくフルコース個室プランです。ずーっと昔ゴチバトルの3回目か4回目くらいに勝負の舞台になったお店で、VIPゲストは今は懐かしの森口博子さんでした。

Dsc00704

 先付け、煮こごり、フク刺しです。とりあえずひれ酒からはじめました。

 Dsc00710

 白子のポン酢あえです。2年前に同僚と新年会で下関にきてはじめて食べて衝撃をうけたのがふぐの白子です。濃厚で臭みがなく、それまで自分はカニが世界で一番旨いと思っていましたがこの日以降ふぐ一番派に変わりました。一回ヤスに食べさせたいと思っていました。

 Dsc00706

 ふくちりです。この辺からビールにかわりました。ふぐのフライ、ふぐの握り、茶碗蒸しなどがテーブルに並んでいました。

Dsc00715

 ふぐの白子の塩焼きと天ぷらです。漫画「美味しんぼ」でふぐの白子に近い味のものとして山岡士郎が鱈の白子をだして海原雄山に罵倒されていました。ふぐの白子の味が分からなかった当時は雄山も大人気無いなぁとおもって読んでいましたが今となっては雄山の意見を大いに支持します。因みに雄山はふぐの白子に近い味のものとして羊か山羊の脳ミソを提供していました。それを食べる機会がいつかくるんだろうか?

Dsc00717  

 しめはふぐの出汁がたっぷりでたスープでつくった雑炊です。味が濁るからと卵を一つしか使いませんでした。至福の味です。デザートまで2時間30分。これを長いと感じるか短いと感じるかで人間性がわかります。自分は勿論アットゆうまの2時間30分でした。

 ハワイに毎年いくことはできませんが年に1回フグ料理屋でふぐを堪能できるような状態が維持できればいいなぁと思いました。経済的にも肉体的にもね。

Dsc00743

 意味も無く吾郎とジャムの写真です。下関で2頭を撮った写真が一枚もありませんでした。吾郎とジャムにとってはおおいにストレスの溜まった一日だったようです。チャンチャン。

|

« 冬の日差しの下で | トップページ | PG-12 »

コメント

いや!マジで美味しそう!下関でふぐなんて最高ですよね?
ふぐは一度しか(恥)食べたことありませんが、からあげが
美味しかったです。ふぐの握りなんて大人の寿司ですねぇ。
うぅ、食べたいー、ふぐ。美味しいのを。お会計気にせず。

投稿: kaoru-dubu | 2007年2月12日 (月) 19時16分

 kaoru-dubu様

 自分もフグのキャリアは短いんですがフグってホントにおいしいですよね。30も半ばを過ぎると肉よりも魚がしみじみとおいしいです。
 いつもは小食のヤスがフルコース一人前ペロリとたいらげていました。ふぐ恐るべし。
 幾つになったらお会計気にせず食べれるようになりますかね。実家の親を言葉巧みに連れて行くのが話は早いですね。

投稿: ケン | 2007年2月13日 (火) 19時56分

ふぐおいしそうだな。
私はふぐのおいしさがわからないんです。
多分ものすごくおいしいのを食べてないからだと思うんですけどね。今度おごってください。

投稿: はまのはなまま | 2007年2月14日 (水) 21時20分

 はまのはなまま様

 自分もふぐの味が本当に分かっているのかって聞かれたらそんなにわかってないとおもいます。天然物と養殖物の違いなんて絶対わかんないし。でも鱈チリよりおいしいとゆうのは自信をもっていえます。
 はなままさんにおごるのは楽しそうですね。おいしく食べてくれそうだし。個室で食べるんならはなちゃんとジャムをこっそりしのばせてみましょうか。吾郎はうるさいから駄目。

投稿: ケン | 2007年2月15日 (木) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97684/5311578

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼント:

« 冬の日差しの下で | トップページ | PG-12 »