« ジャムのバトン | トップページ | 九州ドカ食いツアー 後編 »

2006年10月30日 (月)

九州ドカ食いツアー 前編

Dsc01408

 やってきました長崎へ。自分は約30年振り、ヤスは初めてとなる長崎です。これまでも何回か予定はたてたことがあるのですが、いずれも直前になってアクシデントに見舞われ延び延びになっていただけに感慨もひとしおです。

Dsc01394

 路面電車に戸惑いつつまずむかったのは思案橋そばの「天天有」です。こちらは漫画クッキングパパで絶賛されているお店です。我が家は夫婦揃ってクッキングパパの大ファンで単行本も全巻揃っています。今回の旅行でもなるべくクッキングパパの世界に登場していたお店を巡ってみたいとおもっています。ミーハーだなぁ。

Dsc01398

 漫画と同じくちゃんぽん、皿うどん、餃子を注文。全体的に甘めの優しいお味でした。ちゃんぽんには牡蠣がはいっていて今までに食べたことの無い風味です。

 Dsc01402

 ついで洋食屋さんの「キッチンボルドー」へ。こちらもクッキングパパに紹介されていたお店です。長崎名産のトルコ風ライスの発祥といわれているお店だそうです。トルコ風ライスとハンバーグを注文。

Dsc01400

 1枚のお皿にカレーピラフ、スパゲッティナポリタン、トンカツがのっているさまはまさに大人のお子様ランチといった趣きです。

 次々入ってくる地元の人らしいお客さんもほぼ全員トルコ風ライスを注文していました。

 食後、プラプラ歩いてお土産に福砂屋本店でカステラを購入。ここは内田康夫の長崎殺人事件のヒロインの生家。(だと思う。)とっても感じのいいお店でついつい買いすぎてしまう。ヒロインは見当たりませんでしたが綺麗な店員の方ばかりでした。

 市内観光のの中華街の江山楼にてちゃんぽん、さらうどん(太麺)を注文。こくのあるちゃんぽんは最高でした。皿うどんも見事なお味で思わず腰を据えたくなりました。

 食後、出島ワーフへ。こちらはリンクを貼らせていただいている「T-ボズ日記」のとっこさんから教えていただいたエリアです。

Dsc01409

 海にめんして10軒ほどの飲食店があるのですが、テラス席ならどのお店でも入店可能とゆう愛犬家にはうれしい施設です。時間があれば半日のんびりしたいところです。とっこさん嬉しい情報をありがとうございました。

Dsc01414

 海に沈む夕日を眺めながらのカクテルは最高においしかったらしいです。お店の女性も優しくてワンコに水をくれました。吾郎もジャムもおとなしく楽しいひと時を過ごしているようにみえました。

 陽がおちたあとは夜景をみに稲佐山へ。帰路スーパー銭湯で温泉にはいりリフレッシュ。お腹一杯なのに意地で(なんの?)中華街の宝来軒へ。本日3杯目もちゃんぽんと皿うどんをオーダー。ヤスいわく皮膚からちゃんぽんが染み出てきそうとの名言が。

 今夜の宿泊地の佐賀へ出発。うーんお腹いっぱいだぁ。

|

« ジャムのバトン | トップページ | 九州ドカ食いツアー 後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97684/4009319

この記事へのトラックバック一覧です: 九州ドカ食いツアー 前編:

« ジャムのバトン | トップページ | 九州ドカ食いツアー 後編 »