トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

74歳・・・・・

 ジャムの体重を計ると5.6kgになってました。どおりで最近、吾郎がジャムにタックルされて吹っ飛んでるシーンを度々目にするはずだ。吾郎の体重が4.8kgなので生後4ヶ月にして追い越したわけで、はたして何kgまで成長するのか楽しみだ。15kgくらいになったらかっこいいなぁ。ミニボクサーみたいで。

Dsc00492

 寒さに弱いのは相変わらずで夕方、陽が沈むとプルプル震えはじめます。吾郎の冬服を着せてみたらサイズピッタリでした。

Dsc00498

 なんかちょっとガラわるいっていうか・・・・・ギャング系?

 ついでに吾郎にジャムのTシャツを着せてみました。

Dsc00520

 う~んボディコンのかま系ですね。3丁目で人気でそう。

 Dsc00532

 おまけ    

 今、ヤスがはまってる松嶋さんがCMしてるゲームです。

 やってみたら脳年齢74歳と診断されました。へし折ってやろうかと思いました。

 毎日やってるうちに徐々に慣れてきて、昨日は45歳まで持ち直しました。今日こそ30代に戻りたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

プチ旅行

 GWは休みがあわなくてどこにもいけなかった。6月はW杯を見るのに忙しくてどこにもいけないだろう。7月、8月は夏バテで例年どこかにいこうとゆう気力すら沸かない。と、ゆーことで最後のチャンスとばかりに行ってきましたプチ旅行。予定行程は島根県東部~下関~佐賀(泊)~萩~島根県東部とちょっとハードな日程です。ジャムにとっては初めての遠出になります。

 朝6時出発です。

Dsc00475

 ジャム  『まだねむいよ~』

 下関の唐戸市場で朝食を食べたいので我慢してください。

 山口県にはいったあたりから、ワイパーがきかない位の豪雨となりました。大雨のせいか唐戸市場はガラガラでした。ラッキー!でも、すごーく寒いので寿司や河豚の唐揚、河豚汁とかを買って車に移動。車内で4人で食べました。

 雨が小降りになったので港を散歩。波が高く海は荒れていました。

Dsc00396

 佐賀に向かって出発。高速に乗った途端に豪雨再来。壇ノ浦SAに避難。雨足が弱まるまで休憩。雨、一向に弱まる気配無し。予定を変更して山口の友人の家に。福岡で吾郎とのドッグカフェデビューを楽しみにしていたヤス、おおいにむくれる。山口泊。

 昼前に萩にむけ出発。雨、降ったり止んだり。この頃よりジャムが雨男呼ばわりされるように。散歩させようとすると雨足が強くなるので吾郎もジャムも暴発寸前!

Dsc00430

 萩着。きれいな海岸で散歩。小雨混じりのなか走り回った2人。よかったね。

Dsc00438

 萩で夕食といえば「萩心海」。プールみたいに大きな生簀のある活魚料理屋です。吾郎とジャムは車でお留守番。

 まずはアコウ鯛の活け造り。このへんでは赤水といいます。味は平目より旨味が濃いです。骨はあとでお味噌汁にしてもらいました。

Dsc00461

 つづいてオコゼの活け造り。はくしょん大魔王みたいな顔をしてますが味は河豚に匹敵するおいしさです。肝も皮もおいしくいただきました。骨はあとで唐揚にしてくれました。

Dsc00465

 自分は刺身定食、ヤスは唐揚定食をたのみました。自分は普段、ブリやハマチの刺身は食べないのですがここでは食べます。新鮮すぎて食感がゴリゴリしてとにかく美味しいです。

Dsc00472

 ここ最近「萩心海」で食事をするのが人生の数少ない楽しみの上位に位置づけられています。今年はこれで2回目です。今年中にもう1回いきたいものです。

 萩からの帰りはヤスが運転してくれました。萩はヤスが短大時代を過ごした淡い想い出がつまった街です。萩を離れるときのヤスはいつも言葉少なです。

 日付がかわる寸前に家に着きました。7時間後には仕事に出発です。ゲー

Dsc00484

 『もうちょんぼねかせて~』(出雲弁)

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

モモタロウ

 トマトの苗をうえました。「モモタロウ」とゆう品種で普通の苗より3割ほど高価なのですが、甘みと酸味が強くサラダにもソースの材料にも二重丸のおいしさです。

Dsc00361

 吾郎もジャムも興味しんしんです。吾郎は偏食家ですがトマトは大好きです。去年の夏、外に放すと茄子やきゅうりには見向きもしなかったのですがトマトは器用にむしって食べていました。そーゆう悪癖だけはジャムが引き継いでいくんでしょうね。

Dsc00369

 ジャム 『あんちゃん、これいつくえんの?』

 吾郎  『うーんとね・・・暑くなってからだね』

 みたいなこといってんでしょうか。

 Dsc00389

 うちの庭からの景色です。吾郎もジャムもゆっくりとした時間を過ごしているんじゃないかとおもってます。

Dsc00379

 吾郎  『おなかすいたんですけど・・・』

Dsc00385

 ジャム 『さむい・・・』

 家に帰って夕御飯にしましょうか! 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

優勝予想

 競馬の予想をするワンコをテレビでみたことがあるが我が家のワンコたちも負けてはいない(はず)。

 占いとかできるってきいてみたら

Dsc00348_1

 ジャム 『まかせてよ!つうか得意だよ』 

Dsc00356

 吾郎 『そーゆーの苦手なんですけど・・・』 

 性格真逆の2人がワールドカップの優勝国を大胆に予想してくれました。抗議、クレームは一切お断りです。

 まずジャムが予想します。

Dsc00347

 ためらわずに肉球を押した場所なあった国は・・・・・「チェコ」でした。顔に似て渋い国をチョイスしたものです。ネドベドとロシツキーがいる中盤は破壊力満点で組み合わせにも恵まれたのでベスト16以上は確実でしょうが優勝はどうでしょうか。

 Dsc00349

 ジャム 『自信まんまんだぜ』

 ついで吾郎君。

Dsc00351

 熟考の末に慎重に選んだ国は・・・・・「イラン」?まじっすか?つーかイランが出場してたって今気づきました。イランの選手はよく知らないんでコメントのしようがありません。アリ・ダエイとかまだ現役なのかな?

Dsc00355

 吾郎 『間違ったらごめんなちゃい』

 みなさん、参考にしてください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

林道散歩

 島根は夏日でした。今年になってはじめて蝉のなきごえをききました。Dsc00308

 夕方、陽がおちてから林道散歩に出かけました。我が家は過疎の中山間地にあるため車で3分のエリアに立派な林道が5本とおっています。関係者以外立ち入り禁止の林道が多いのですが自分は仕事柄フリーではいれるので、犬との散歩から山菜取りまでおおいに活用させていただいています。

 車が林道にはいり振動が未舗装路のそれにかわると、吾郎が嬉しくて鳴きだします。魂の叫びみたいな感じの鳴き声で狭い車内を満たしてくれます。

 車から降りた吾郎は体型に似合わないロケットのようなスピードで5分位走り回ります。なんのストレスが溜まっているのか話が通じるのなら尋ねてみたいです。ひとしきり走って落ち着くと今度は石をつかった取って来いゲームのはじまりです。放った石をおってダッシュするとゆう見るからにつまらなさそうな遊びを飽きもせずやりつづけます。30分もするといい加減こっちが飽きてくるので勘弁してもらいますがまだ走り足りないような顔をしてます。人間にたとえるなら箱根駅伝を目指すタイプだとおもいます。Dsc00309

 一方ジャムは疲れるとすぐに走る足をとめます。草を食べたりバッタを食べたり食欲優先です。トカゲをくうな!たまに走っている吾郎に体当たりをかまして喧嘩をふっかけます。チンピラそのものです。人間にたとえるならコンビニの前でしゃがんでいる系でしょうか。林道散歩のときは吾郎がいつもより相手になってくれないのでつまらないみたいです。

 Dsc00332 おおはしゃぎしている吾郎君ですが帰ったら大嫌いなお風呂タイムがまっています。Dsc00340

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

さんま定食

 夕食にさんまをやきました。ただのさんまも炭で焼くとおいしさ5割増しです。Dsc00299

 豆ご飯に大根の千六本のお味噌汁、ほうれん草のおひたしとおなかに優しい夕食でした。

 一昔前は肉命の食生活でしたが30も半ばを過ぎると魚がおいしくかんじられます。

 Dsc00305

吾郎とジャムにはスペアリブを味付け無しで焼いてあげました。ジャムも乳歯ながらも頑張って骨ごとバリバリ食べていました。調子にのって吾郎が齧っている骨を横取りしようとしてこっぴどく叱られてました。

 この1ヶ月ほど天気のいい週末は畑の下準備をしていましたがようやく今日で終了しました。あとは苗を植えるばかりです。今年はトマトとセロリ、ズッキーニ、ピーマンを植えます。夏野菜ばっ                                                                                                かだなあ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

 ジャムは最近1人で階段がのぼれるようになりました。 

 リビングでヤスと吾郎と3人でテレビをみているとなんか2Fのホールから(リビングは吹き抜けになってます)視線をかんじます。Dsc00243

 ホールのスリットからジャムがリビングを見下ろしてます。

 『ジャム、なにしてんの?』とかいってかまってやると得意げな顔をします。

 無視してほっとくと寂しくて泣きはじめます。Dsc00245

 まだ1人では階段が下りれません。Dsc00273

 

 今日は山に桜や栗の木を500本ほど植えてきました。今までは新植といえば杉やヒノキばかりでしたが去年あたりから少しづつ広葉樹を植える機会がでてきて嬉しい限りです。今日植えた桜で花見ができるようになるには10年以上の時間が必要だと思いますが雪や台風に負けないで大きく育っていってもらいたいです。

 今日も島根は雨でした。まともに散歩にいけなくて吾郎もジャムも欲求不満気味ですが今日植えた桜と栗には恵みの雨になったと思います。吾郎もジャムも堪えてあげてくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

テール初体験

 昨夜から煮ていた牛テールをあげました。

 テールが大好物な吾郎はマテのときから感極まって身体が小刻みに震えていました。食べ方も慣れたもので短い腕(失礼)を器用に使って的確に食べ進んでいきます。

 テール初体験のジャムは1口食べた瞬間、ダッシュでリビング隅の自分のエリアに獲物をもっていき本腰をいれて食べ始めました。大概、彼は食物に対する執着心がつよいのですがテールは過去に食べたなにものより口にあうみたいです。Dsc00289

 試しに取り上げてみたら目に涙を一杯ためて抗議していました。うなったら今後のためにも1発ヤキをいれてやろうと思っていたのですが、まだ怒りの感情は生まれてないみたいです。

 3時間たった今も乳歯で骨をカジカジしています。牛も本望だろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

お風呂の日

 毎週、日曜日は週に1度の吾郎の入浴日です。(ジャムはほぼ毎日が入浴日です。)

 Dsc00007 日の夕方はこの季節恒例の筍掘りに行ったので吾郎はしっかり泥だらけになりました。入浴日の泥汚れは大歓迎です。洗い甲斐があって嬉しくなります。

 ざっとシャワーをかけて、まずは肛門線を絞ります。吾郎は生まれてから3歳を過ぎるまで肛門線から出る汁を、糞をするときに一緒に出していました。手間がかからない楽な子だなぁと思っていましたが昨年末に引越しをした頃から肛門線が膨れるようになりました。環境の変化に小さな身体がおいつかなかったみたいです。Dsc00209_2

 シャンプーでゴシゴシして汚れをおとしたら大嫌いな浴槽に浸かります。鳴いたり暴れたりはしませんが目が寄り目になって身体が硬直します。早く出してあげたいのですが虫が付いていると困るので10分位は浸からせます。

 川で泳ぐのは大好きなのですがお風呂はいつまでたっても慣れません。

 入浴後は精魂つきはてグッタリしています。Dsc00213

 反撃されないのをいいことにジャムの攻撃はいつも以上に激しさを増します。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

定位置

 温暖化の影響なのか5月なのに暑い日が続きます。外仕事なのですっかり日焼けして夏先取りです。

 ちなみに今週に入り「雪起こし」とゆう作業をしています。冬の雪の重みで寝返った若い杉やヒノキを1本1本紐で引っ張って起こす仕事です。今年は雪の量が多く場所によっては壊滅状態です。地味で忍耐強さを要求される作業で最も不得手な仕事です。

 Dsc00231 日中は暑いのですが我が家は標高の高い場所に建っている為、太陽が沈むと一気に冷え込みます。 

 とゆうことでジャムはストーブの前で食後の休憩中です。寒いのが大の苦手なのでコタツをしまった今はストーブの前が一番のお気に入りです。

 夕方、筍を堀りに山へ一緒に行ったので少し疲れています。ゆっくり休んで明日も一杯遊ぼうね。Dsc00230

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

赤ちゃん返り

 ジャムが我が家に来て以来、主役の座を奪われた吾郎の編み出した必殺技が「赤ちゃん返り」である。

 Dsc00201_1 してはいけないところでしっこをしてみたり、咬んではいけないものを咬んでみたりと多少のゲンコツは覚悟の上で興味をひこうと必死に演じているさまはある種、胸をうつものがある。

 でもね吾郎くん。キミは人間の歳に換算したら30過ぎてるらしいよ。本当の赤ちゃんとガチで喧嘩してる場合じゃないんだよ。  

 それに4年間一緒に暮らしてきて、キミがどれだけいいやつか充分に解っているからドンとかまえていてください。 

 Dsc00191 ジャムもすぐ大人になるから、そしたら2人でW主演をはれるとおもうよ。

 あとPSⅡのコードだけは咬まないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

名前の由来 ジャム編

Dsc00141 Dsc00143  数多の犬種の中からボストンテリアを家族の一員として迎えようと決めたのは『ジョジョの奇妙な冒険』のイギーに影響をうけたからとゆうベタな理由です。『ジョジョ』は全巻揃っていてしょっちゅう読み返す愛読書です。

 ボストンテリアが我が家にくるときまった時から名前はイギーにしようと夫婦で盛り上がっていました。

 Dsc00170 そんな幸せなある日、ジョジョを読み返しているヤスがするどい指摘をしたのです。「イギーって人に蹴られて死んじゃうんだね。そんな不吉な名前はイヤだ。」

 なるほど。いわれてみればその通りです。飼い主のエゴで縁起の悪い名前をわざわざつける必要はありません。

 ラナイ、文太、アイスと幾つか出た候補の中から吾郎とジャムセッションしてねとゆう希望をこめてジャムと名づけました。呼んでみると意外に呼びやすく気に入っている名前です。

 吾郎がげんなりするほど全力でお兄ちゃんを愛しているみたいです。 

   

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

名前の由来 吾郎編

 吾郎が我が家にやってきたのは2002年7月18日。生後40日をようやく過ぎたばかりで頼り無さげでした。

 ドイツのゴールキーパーが印象に残った日韓ワールドカップが終わったばかりでした。ミニチュアダックスもドイツ原産の犬種なので名前はカーンに決まりかけました。

 ところがその頃ケンの大好きなドラマ『北の国から』の最終作が放映されたのです。急転直下、犬の名前のモデルは筋骨隆々なゲルマン民族からドカジャンの似合うよれよれのおっさんにと変更されたのです。

 でもその後カーン選手が辿ったダークな運命を考えると実在の人間をモデルに名前をつける事の難しさを痛感させられます。だってその頃カーンは高潔な人格者として有名でしたから。

 身体が弱そうにみえた吾郎君でしたが今までの4年弱、ワクチン接種以外に動物病院のお世話になることも無く元気に毎日走り廻っています。Dsc00201 Dsc00120

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

はじめまして

 このブログは、6月に4歳になるミニチュアダックスの吾郎君ともうすぐ4ヶ月を迎えるボストンテリアのジャム君のささやかながらもつつましい日常を紹介していきます。

 管理人は、木こりを生業としているためパソコンには疎いですが、三日坊主とならないように頑張っていきますのでたまに遊びに来てください。

Dsc00190

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »